令和元年台風第19号茨城県災害義援金募集について

akaihane_gienkin.jpg  令和元年10月12日から13日にかけて北上した台風19号により、東日本において広域に記録的な大雨となり、河川の堤防決壊等による洪水や土砂崩れ等の災害が各地で発生しました。
 茨城県内各地でも人的被害や家屋の浸水等の災害が発生し,県下20市3町に災害救助法が適用されました。

 茨城県共同募金会では、被災された方々の支援を目的に「義援金」の募集を行います。皆様のご協力をお願いいたします。

※受付期間は、令和元年10月16日(水)から令和2年1月31日(金)までです。

 神栖市社協では、神栖本所窓口、交流サロン(いずれも茨城県神栖市溝口1746-1 神栖市保健・福祉会館内)、波崎支所(茨城県神栖市土合本町3-9809-158 神栖市はさき福祉センター内)の3か所に義援金の募金箱を設置しました。
 また、今回の義援金の募金箱を設置していただける神栖市内の事業所様を募集しています。下記までご連絡ください。
    神栖市社協神栖本所(電話:0299−93−0294 担当:乳井)

続きを読む "令和元年台風第19号茨城県災害義援金募集について" »

「令和元年台風19号」に関わる茨城県内の災害ボランティアセンター情報(R1.10.16発信)No.2

 台風19号に伴う災害により、茨城県では神栖市を含む20市3町に災害救助法が適用され(令和元年10月16日午前10時 茨城県発表)、特に被害の大きい県内4市1町では災害ボランティアセンターが開設されました。 

 それぞれの市町の事情によりボランティア募集の範囲が変更されています。各災害ボランティアセンターの募集情報をホームページでご確認いただき、ご参加いただきますようお願いします。
 ・ひたちなか市災害ボランティアセンター facebook
 ・常陸大宮市社会福祉協議会ホームページ
 ・大子町社会福祉協議会 facebook
 ・常陸太田市社会福祉協議会ホームページ
 ・水戸市社会福祉協議会 facebook

 なお、災害ボランティア活動に参加される前に神栖市社協ボランティアセンターでのボランティア保険(Aタイプ保険料 基本タイプ350円/人、天災タイプ500円/人)に加入されますよう重ねてお願いいたします。

「令和元年台風19号」に関わる茨城県内の災害ボランティアセンター情報(R1.10.15発信)No.1

 台風19号に伴う災害により、茨城県を含め12都県、計308市区町村に災害救助法の適用が決定されています。(内閣府 10月13日12時発表)

 神栖市社会福祉協議会では、現時点において、災害支援にかかるボランティアの募集を行っておらず、災害ボランティアセンター開設予定もありません。(市民の被災状況、ボランティア依頼の有無について、現在調査を継続中です)

 茨城県内で災害ボランティアセンターを開設している市町は以下の5市町です。

 ・ひたちなか市(10月14日開設)
 ・常陸大宮市(10月14日開設)
 ・大子町(10月15日開設)
 ・常陸太田市(10月15日開設予定)
 ・水戸市(開設に向け調整中)

※いずれも同市(町)在住者のみの募集となっていますのでご注意下さい。
※詳細は各市町の社会福祉協議会へお問い合わせ下さい。
※10月14日15:15に茨城県社協から提供された情報を元に作成しました。

ボランティアセンターマガジンを発行しました
(令和元年10月15日号)

 「ボラマガ」第50号では、“輝くための男の講座”平成29年度受講者5名が結成した「緑趣会」をご紹介しています。新シリーズ「企業の社会貢献」では、三国屋建設(株)さんの使用済切手、ベルマーク等収集をご紹介しています。
 ボランティアセンターホームページで「ボラマガ」PDF版をご覧になれます。

ボランティアセンター ホームページ

福祉総合相談 令和元年9月の相談実績

社協の総合相談窓口(神栖本所、波崎支所)に寄せられた相談実績を報告します。
 社協は福祉の総合相談窓口として、家族が障害を持ったときや介護が必要になったときの相談に応じます。
 また社協では「違いを認めあうこと・理解しあうことで豊かになれること」などについて考えるきっかけづくりとして、福祉体験出前講座を開催しています。小中高生のクラス・学年単位から、自治会・企業・商店会のみなさんまで、学びたい!体験してみたい!といった要望により、地域のサポーター(ボランティア、シニアクラブの皆さん、障害を抱える当事者など)と共に企画段階からご相談に応じます。
halloween_pumpkin1[1].png

続きを読む "福祉総合相談 令和元年9月の相談実績" »

福祉後見サポートセンターかみす 令和元年9月の相談実績

suzumushi[1].png  神栖市社協は、「福祉後見サポートセンターかみす」を設置し、法人後見事業に取り組んでいます。法人後見とは、社会福祉法人等が成年後見人等になり、個人が成年後見人等となった場合と同様に、判断能力が不十分な方の保護・支援を行うことです。
 福祉後見サポートセンターかみすでは、知的障がい者、精神障がい者、認知症高齢者などの判断能力が不十分な方々の権利を擁護するとともに、住み慣れた地域で安心して生活を送ることができるように日常生活自立支援事業と法人後見受任事業、制度利用のための相談支援を行っています。

福祉後見サポートセンターかみすの詳細は  こちら

続きを読む "福祉後見サポートセンターかみす 令和元年9月の相談実績" »

地域生活支援センター 令和元年9月の相談実績

kari_budou[1].png  社協が神栖市から受託している「障害者相談支援事業(神栖地域生活支援センター)」の活動実績(令和元年9月分)です。
 地域生活支援センターでは、身体・知的・精神障害者及び障害のある児童とそのご家族等からのご相談は、窓口への来所、電話、相談員の訪問、メールなどにより問題を一緒に解決するためのお手伝いをします。相談内容及び個人情報の守秘義務は厳守されますので、お気軽にご相談ください。

続きを読む "地域生活支援センター 令和元年9月の相談実績" »

こころの相談室 令和元年9月のこころの相談実績

こころの相談室は精神障害等に関する相談窓口です。(カウンセリングではありません)
・心の問題などの悩みがあって病院にかかるべきか悩んでいる。
・家族や知人から精神科病院への受診を勧められているが、受診することや治療を受けることに不安がある。
・身内に心の問題を抱える家族がいて、これからどう関わっていけばよいか悩んでいる。
・精神障害者の利用できる福祉制度等について知りたい。
kks2812.png
 上記のようなご自身やご家族の気分の落ち込み、不眠、こだわり、精神疾患が原因と思われる不安や悩みの相談に精神保健福祉士が応じます。(無料です)まずは電話でご相談ください。

続きを読む "こころの相談室 令和元年9月のこころの相談実績" »

ことばと発達の相談室 令和元年9月の相談実績

ehon_boy[1].png  この相談室は「ことばが遅い・上手に発音できない・落ち着きがない・他の子とうまく遊べない・耳の聞こえが悪いのでは?」といった不安を抱えるお子さんやそのご家族を対象に言語聴覚士が指導・助言を行い心身の成長を支援します。

続きを読む "ことばと発達の相談室 令和元年9月の相談実績" »

福祉車両利用料助成事業 令和元年9月の実績

fukusisyaryou.gif   福祉車両利用料助成事業は、車いすを使用しなければ移動が困難な方の社会参加を促進し福祉の向上を図るため、福祉車両レンタカー料金の一部を助成する事業です。通院、買い物などの外出、旅行等様々な用途にご利用いただけます。

【令和元年度 福祉車両利用料助成事業実績 令和元年9月】

実績数 9月末までの利用有効登録数
助成決定者数 1人 23人

<利用用途別実績>
用 途 通院 一時帰宅 行楽 入退院・転院 施設送迎 その他 合計
令和元年9月
4月からの累計 21 33

※助成を受けるには、事前に利用申請書を提出し、利用の決定を受けることが必要です。詳しくは神栖市社会福祉協議会へお問合せください。

申込み手順については コチラ →福祉車両利用料助成事業

◇福祉車両貸出事業は、平成30年10月1日より利用者の皆様に福祉車両を直接貸し出す方式から、福祉車両レンタカー料金の一部を助成する方式へ移行しました。
◇この事業は、社協会費を財源として実施しています。

◆申込・問合先
 神栖市社会福祉協議会
  神栖本所(神栖市保健福祉会館2階)    電話 0299-93-0294 担当:乳井・名雪
  波崎支所(神栖市はさき福祉センター内)  電話 0479-48-0294 担当:横田・奥村
広告
児玉医院(神栖市) 整形外科・内科・精神科・心療内科 幸武建設株式会社(神栖市)

白十字総合病院(神栖市) アトンパレスホテル(神栖市)

税理士法人タックス・イバラキ 神栖法律事務所

バナー広告募集中 バナー広告募集中
リンク先のサイト内容について、神栖市社協が保証するものではありません。

10月15日更新しました! ボランティアセンター ウェブサイトへ移動します

カテゴリー

最近のエントリー